Vraciul Yuki kitsune-mochi (結城狐 – キツネ餅)

Vraciul Yuki kitsune-mochi (結城狐 – キツネ餅)Sorcery comes in many different forms it may be elements such as air, earth, wind and fire combined. They may even use spirits of the deceased to do their bidding, words and sounds (mantra) formulated into certain vibrations to effect a physical change in others, the earth’s meridian, astrological constellations, natural energies, guardians, spirits and beings that inhabits the mountain, forest, or even a lake. Whether it’s white or black magic depends on the motivation of the practitioners. It is usually used to fulfill some wish quickly that is impossible to accomplish by normal means. Sorcery had been practiced throughout the world since the beginning, way longer than we can anticipate.

There are certain practitioners that deviate from the original teaching. These are the ones that follow the “Tao of the Left”, “Left Handed Paths” or “Side Doors” teachings. They practice sorcery that is extremely fierce. Some of them have great spiritual powers. They can cause the victim to be insane and even death!

From the point of view of Christianity, magic is often used as a pejorative term for Pagan rituals, with the implication that they involve sinful, blasphemous or idolatrous practices. Among occultists, magic is a fairly neutral term which has some varied connotations, such as white magic and black magic. The famous occultist Aleister Crowley coined the spelling magick to distinguish “the true science of the Magi” For years I had researched and found that black magic and sorcery practiced throughout the world share similar rituals, even though they are practiced in different part of the continents. I believe it is from the same sources that had revealed to them regardless of creed, languages and ethnic group.

For instances the voodoo doll sorcery share a similar ritual. An effigy made of straw or other materials are fashion as a representation of the victim, hair, nails or any belongings of the victim are also attached to the doll and most significantly a soul invocation mantra is recited to summon the intended victim soul to be attached to the doll. Needles or pins are then stuck to the doll to inflict harm on the victim. Sorcerer with strong psychic power or spiritual powers can cast this spell and even kill an intended victim living in another part of the continent!

元の教示から逸脱する特定の実務家があります。これらは、「左のタオ」、「左利きパス」 または「サイドドア」の教えに従ったものです。彼らは非常に激しいです魔術を実践しています。そのうちのいくつかは大きな精神的な力を持っています。彼ら は、被害者は非常識や死にさせることができます!

ソーサリーは、それが、このような組み合わせの空気、土、風、火のような素子であっても よい多くの異なる形式で提供されます。彼らも他で物理的変化をもたらすために、特定の振動中に処方彼らの入札、言葉と音(マントラ)を行うには故人の霊を 使用することができ、地球の子午線、占星術の星座、自然エネルギー、保護者、スピリッツ、人間はそれが山に生息します、森林、あるいは湖。それは白または 黒魔術だかどうかは、実務者のモチベーションに依存します。これは通常、すぐにそれは通常の手段で達成することは不可能であるいくつかの願いを満たすため に使用されます。 ソーサリー方法長い我々が予想することができるよりも、初めから世界中で行われていました。

キリスト教の観点から、魔法は多くの場合、彼らは、罪深い冒涜や偶像崇拝の慣行を含む意 味合いで、異教の儀式のための軽蔑的な用語として使用されています。オカルトの中で、魔法のような白魔法、黒魔法のようないくつかの多様な意味合いを持っ ているかなり中立的な用語です。有名なオカルト信仰者アレイスター・クロウリーは「賢者の真の科学」を区別するためにスペル魔術を造語しました 年間、私は、彼らは大陸の別の部分で実施されているにもかかわらず、研究し、黒魔法と魔術が世界シェア同様の儀式を通して実践していることを発見しまし た。私はそれは関係なく、信条、言語や民族の彼らに明らかにしたのと同じ情報源からのものであると考えています。

インスタンスのブードゥー教の人形の魔術は、同様の儀式を共有しています。わらや他の材 料で作られた彫像は、被害者、髪、爪や被害者の任意の持ち物の表現としてのファッションも人形に取り付けられ、最も重要な魂の呼び出しマントラが添付され ることを意図し、被害者の魂を召喚するために列挙されています人形に。針やピンは、その後、被害者に害を与えるために人形に立ち往生しています。強力な超 能力や精神的な力を持つ魔法使いはこの呪文を唱え、さらには大陸の他の部分に住んでいることを意図し、被害者を殺すことができます!

東南アジアでは魔術が横行です。魔術の多くのタイプは、特に呪文や心酔呪文、ライバルの ビジネスを台無し​​にする魔術、死を引き起こす魔術、狂気、分離を愛し、さらに犠牲者が無力引き起こすことがあり実践されています! インドネシアでは「サンタう」と呼ばれる毒の有名な種類があり、コミュニティによって懸念されます。そのような毒を消費するために起こる任意の犠牲者は、 毒の毒性に応じて3ヶ月またはさらに短い寿命内差し迫った死を被ります。毒のこのタイプは、無臭、無色であるとして、それだけでブレンドし、意図された被 害者は、それを消費し、任意の疑いを生じさせることなく、食​​べ物や飲料に溶解することができる最も致命的です。それはまた、ヒ素が含まれているとし て、被害者の臓器が徐々に毒によって損傷され、被害者がやたら咳する傾向があります。重要な要素の一つが喉への刺激を引き起こす可能性が坊主タケノコの小 さな粒子で構成するためです。

あなたが想像することができ、これらの小さな粒子は、それが食道への感染を引き起こす喉 に引っかかります。被害者は、徐々に体重、消化不良および不眠症を失う、血液と一緒に痰を咳や排出などのいくつかの症状を持っていなければなりません。治 療せずに放置した場合の状態が悪化し、死亡の原因となったものとします。

PENTRU DATELE DE CONTACT AL VRACIULUI YUKI KITSUNE-MOCHI (結城狐 – キツネ餅) CLICK AICI.


22 Responses to “Vraciul Yuki kitsune-mochi (結城狐 – キツネ餅)”

Leave a Reply